スポンサーリンク

ライブ配信

SNSごとのライブ配信のやり方とは?特徴とともに解説!!

「SNSごとのライブ配信のやり方とは?特徴とともに解説!!」のイメージ画像。様々なSNSのロゴがバッジになっている画像を背景に記事タイトルが表示されている。

SNSでライブ配信ができるものがあるんですね。

どうやって始めるのでしょうか?

SNSアプリごとに配信方法が異なります。

むずかしく感じるかもしれませんが、実はカンタンな操作で始められます

記事では、3つのアプリでのライブ配信の方法を紹介します。

アプリの選び方についても説明するので、ぜひ参考にしてください。

ミヤビ屋

記事の信頼性を表す画像。ミヤビ屋ブログ管理人ミヤビ屋のアイコンと紹介を表示している。
ミヤビ屋 @miyabiya_gimlet

\ライバー事務所で戦略的に活動する!トラブル発生時も安心♪/

ライバー事務所のスカウト担当へメール!!

 

ライバー事務所のスカウト担当へメールで相談する♪

Instagram(インスタグラム)のライブ配信の方法!複数人でも可能!

スマホに向かってポーズをとる女性

『Instagram(インスタグラム)』は、写真やストーリーを投稿するだけのアプリだと考えていませんか?

実は、Instagramでも、ライブ配信をすることが可能です!

Instagramのライブ配信は、「インスタライブ」と呼ばれています。

インスタライブの始め方

ライブ配信のやり方は、ストーリーの投稿方法と似ているので非常にカンタンです。

Instagramのアプリをインストールしていない方は、インストールしましょう。

アプリを開いたら、アカウント作成を行い準備万端です。

ログインできたら、画面全体を右方向にスワイプします。

画面下部に表示されている「LIVE」を選択し、「LIVE」の上にある丸いアイコンをタップすれば配信開始です。

インスタライブの開始手順

  1. Instagramアプリをインストール。
  2. アカウント作成。
  3. ログイン。
  4. 画面全体を右へスワイプ。
  5. 画面下部のLIVEを選択。
  6. 丸いアイコンをタップ。

インスタライブを終了したい場合は、画面右上に表示されている「×」を選択します。

インスタライブ終了後には、IGTVへシェア、または動画をダウンロードすることができます

IGTVでシェアを選択すると、プロフィール画面にライブ配信の動画を公開することができます。

Instagram

インスタライブは複数人での配信が可能

インスタライブは、複数人で配信できることが特徴です。

最大4人までのコラボレーションが可能です。

複数人で配信をする場合は、ライブ配信を始める際に「Liveルームボタン」をタップします。

Liveルームボタンタップ後、3人までのアカウントを招待可能です。

招待された人は、通知からライブ配信に参加することができます。

他の人の招待は、ライブ配信の途中でも行えます

リスナー数を増やすために、定期的にコラボレーションすることをオススメします。

Tiktok(ティックトック)のライブ配信の方法!配信の利用条件!

スマホにtiktokのロゴが表示されている

若者から人気の『Tiktok』はライブ配信が可能で、「Tiktokライブ」と呼ばれています。

ライブ配信の方法はカンタンですが、利用するには条件があります。

Tiktokライブの始め方

Tiktokアプリのインストールアカウント作成ができたら、ホーム画面の「+」をタップします。

画面下部に表示されている「LIVE」をタップするとライブ配信が始まります

Tiktokライブの開始手順

  1. Tiktokアプリをインストール。
  2. アカウント作成。
  3. ログイン。
  4. ホーム画面の「+」をタップ。
  5. 画面下部のLIVEをタップ。

Tiktokのライブ配信では、「Tiktok LIVE Gifting」と呼ばれる投げ銭機能やコメント機能があります

Tiktok

Tiktokライブの利用条件

Tiktokのライブ配信には、利用条件があるため注意が必要です。

利用条件は2つあります。

1つ目は、16歳以上であることです。

2つ目は、Tiktokが定めた非公開の基準を満たしているかどうかです。

Tiktokが定めている基準は非公開ですが、フォロワーの数や投稿の質などがみられていると言われています。

条件を達成するまでは、Tiktokライブの利用はできません。

Tiktokライブが利用できなくても、動画投稿でファンの獲得はできます。

他のライブ配信アプリで、リスナーを増やすことに繋げられるので意味はあるでしょう。

17LIVE(イチナナライブ)でのライブ配信の方法!どんな人に向いている?

スマホを両手で構えて持つ女性

『17LIVE』は、芸能人も利用している人気のライブ配信アプリです。

利用している年齢層も幅広く、国内最大級のライブ配信に特化したアプリとなっています。

17LIVE(イチナナライブ)の始め方

17LIVEのアプリがスマホにインストールされていない方は、インストールしましょう。

アプリがインストールできたら、アカウント登録画面からアカウント作成します。

アカウント作成は、『Facebook』・『LINE』・『Twitter』・『メールアドレス』など、好きな方法で登録が可能です。

ログインし、メニューの真ん中にある「+」のボタンをタップします。

ライブ配信を選択すると「配信上の禁止事項」が表示されるので、注意事項を確認後「OK」を選択しましょう。

配信タイトル・ハッシュタグ・配信テーマのカテゴリを選択したら、「ライブ配信を作成」をタップして配信スタートです。

17LIVEの開始手順

  1. 17LIVEアプリをインストール。
  2. アカウント作成。
  3. ログイン。
  4. メニュー真ん中の「+」をタップ。
  5. ライブ配信を選択。
  6. 配信上の禁止事項を確認。
  7. 配信内容設定後「ライブ配信を作成」をタップ。

配信を終了する場合は、画面右上に表示される「×」を選択すると終了することができます。

17LIVE

17LIVEは海外リスナーも多い

配信中は、コメント機能・エフェクト・エールなどの機能があり、リスナーとのコミュニケーションが可能です。

17LIVEは、台湾発のライブ配信アプリなので海外のリスナーも多くいます

海外も視野にいれて活動したい方や、ライバーとして生計を立てていきたいと考えている方向いているアプリです。

ライブ配信をするSNSの選び方!そのポイントとは?

様々なSNSのアイコン

ライブ配信ができるアプリは種類が多く、どのアプリを選んだらよいの迷う方も多いでしょう。

悩まず始められるように、ライブ配信ができるSNSの選び方を紹介します

収益を増やしたい方⇒還元率を比較

収益を増やしたいという方は、還元率を比較しましょう。

同じ金額の投げ銭を得ても、還元率が低ければ収入も低くなります

収入を上げて、しっかり稼ぎたい方は還元率が高いものを選びましょう

ファンを増やしたい方⇒ユーザー数を比較

ファンを増やしたいという方は、アプリのユーザー数を比較しましょう。

紹介したアプリの中では、『Tiktok』が最もユーザー数が多いです。

ユーザー数が多いということは、リスナーの総数が多いということ

あなたを応援してくれるファンに出会える可能性が高くなるでしょう。

アプリの使いやすさ重視の方⇒配信方法を比較

アプリの使いやすさを重視したい方は、ライブ配信の方法を比較するのがオススメです。

紹介したアプリはいずれも、ホーム画面からカンタンにライブ配信を始めることができます

それぞれのライブ配信の始め方やコメント機能の使い方など、使いやすいものを選びましょう

まとめ

  • 『Instagram』では、ホーム画面から右方向にスワイプ!
  • 『Tiktok』では、条件があるが、メニューから開始できてカンタン!
  • 『17LIVE』では、メニュー真ん中の「+」からライブ配信を始められる!
  • SNSアプリは、還元率・ユーザー数・使いやすさを比べよう♪

やり方と特徴がバッチリわかりました♪

さっそく始めてみます!

SNSでのライブ配信の始め方、アプリの選び方が理解できたと思います。

気に入ったアプリでライブ配信を始めてみましょう♪

ミヤビ屋

\ライバー事務所で戦略的に活動する!トラブル発生時も安心♪/

ライバー事務所のスカウト担当へメール!!

 

ライバー事務所のスカウト担当へメールで相談する♪

\とっても簡単!工事不要!電源を入れるだけ♪/

【ソフトバンクAir】

最後まで読んでくださって、ありがとうございます!よろしければ、ブログやSNSで、「ミヤビ屋ブログ」をご紹介ください!

ページ上部下部「シェアボタン」があります。よろしくお願いします♪

ミヤビ屋

スポンサーリンク

ランキング参加中!クリックで応援♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

-ライブ配信
-, , ,