スポンサーリンク

クラウドワークス

クラウドワークスのシステム利用料はどの程度かかる?

「クラウドワークスのシステム利用料はどの程度かかる?」のイメージ画像。米ドルの札束イメージ画像を背景に記事タイトルが表示されている。

クラウドワークスで仕事をすると、手数料がかかるんですよね?

どのくらいかかるのでしょうか?

クラウドワークスで仕事をすると、手数料が発生します。

それはシステム手数料と呼ばれ、契約金額や案件の種類によって変わります

記事では、「クラウドワークスのシステム手数料」「その他の銀行振込手数料」について解説していきます

ミヤビ屋

記事の信頼性を表す画像。ミヤビ屋ブログ管理人ミヤビ屋のアイコンと紹介を表示している。
ミヤビ屋 @miyabiya_gimlet

クラウドワークスのシステム利用料は契約金額によって違う

握手をするスーツの男性

クラウドワークスのシステム利用料は、システム手数料と呼ばれ契約金額によって異なります。

クラウドワークスのシステム手数料を、事例とともに紹介していきます。

契約金額が20万円以上なら5%10万円から20万円なら10%10万円以下の場合は20%です。

契約金額が高ければ高いほど、システム手数料は低くなるように設定されています。

ポイント

  • 20万円以上・・・5%
  • 10万円から20万円・・・10%
  • 10万円以下・・・20%

また、システム手数料には消費税がかかることに注意です。

契約金額が1万円(税抜き)だった場合の報酬金額を例に見ていきましょう。

まず、正式な契約金額は税込み価格なので、1万1000円が契約金額になります。

その20%がシステム手数料になるので、11,000×20%の計算式です。

2,200円が税抜きのシステム手数料になります。

システム手数料は税込みなので、2200円の10%である220円がシステム手数料の消費税になります。

よって、システム手数料は2,200円と220円を足した2,420円になります。

ワーカーが受け取る報酬金額は8520円です。

契約金額が1万円(税抜き)

契約金額(税抜き)10,000円 = 契約金額(税込)11,000円

システム手数料(税抜き) = 11,000円×20% = 2,200円

システム手数料の消費税 = 2,200円×10% = 220円

ワーカーが受け取る報酬 = 11,000円-2,420円 = 8,520円

例外として、契約金額でシステム手数料が決まらない案件があります。

タスク形式の案件です。

タスク形式の案件では、一律でシステム手数料が20%に設定されています。

契約をする際には、報酬金額が自動で計算されるようになっています。

適切な手数料になっているかを確認するとよいでしょう。

その他にかかる手数料「振込手数料」

暗証番号を入力するイメージ

クラウドワークスでは、システム手数料の他に振込手数料が発生します。

振込手数料はクラウドワークスから報酬を振り込んでもらうときに発生するため、案件ごとではなく報酬を引き出すたびに発生します。

楽天銀行であれば100円他行では500円になっています。

そのため、手数料を少しでも低くしたい場合は、楽天銀行を利用しましょう

また、クラウドワークスには、クイック出金というシステムがあります。

確定した報酬のうち、報酬振り込み日が確定していない報酬を3営業日以内に引き出すことができるシステムです。

急にお金が必要になったという場合に、便利な出金方法です。

ただし、クイック出金の利用料には、出金額の5%が取られます

銀行への振込手数料も別途かかるので、実際に手に入れられる報酬金額は若干減ってしまいます

出金前に、きちんと計算することをオススメします。

確定申告をする場合「システム利用料」と「振込手数料」は経費にできる

米ドルの札束イメージ

手数料が高いと言われるクラウドワークスですが、手数料は確定申告で経費として申告することができます

確定申告の際に報酬を全て計上して、そこから手数料を経費として差し引くだけです。

手数料を経費にするメリットは、節税ができることです。

個人事業主が支払う所得税は課税所得にかかります。

課税所得とは、収入から経費や控除を差し引いた金額です。

そのため、経費の額が増えれば、支払うべき税金の額が少なくなるのでお得です。

まとめ

  • クラウドワークスのシステム手数料は、報酬金額によって異なる
  • 契約金額20万円以上5%10万円から20万円10%10万円以下20%
  • タスク形式のシステム手数料は一律20%。
  • 銀行振込手数料は楽天銀行は100円他行では500円
  • システム手数料と振込手数料は、経費にすることができる。

クラウドワークスのシステム利用料と、銀行振込手数料について理解できたと思います。

ミヤビ屋

手数料のルールは、確認してみると単純なんですね!

利用料としてかかるのは、システム手数料と振込手数料です。

シンプルですね!

確定申告では、手数料を経費にできるメリットがあります。

手数料をきちんと計算して、節税に役立ててください♪

ミヤビ屋

\あなたにピッタリの仕事を無料で探そう♪/



クラウドワークス

最後まで読んでくださって、ありがとうございます!よろしければ、ブログやSNSで、「ミヤビ屋ブログ」をご紹介ください!

ページ上部下部「シェアボタン」があります。よろしくお願いします♪

ミヤビ屋

スポンサーリンク

ランキング参加中!クリックで応援♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

-クラウドワークス
-, , , , ,