スポンサーリンク

ビジネススキル

SWOT分析のやり方!事業課題から戦略目標を立てる!

色々な視点から、サービスを向上させたい。何かよい方法はないですか?

内部要因と外部要因の両面から分析ができる「SWOT分析」を行うのが良いでしょう!

この記事で、チャンスを活かし、ピンチを乗り越えるやり方とコツお伝えします♪

ミヤビ屋

記事の信頼性を表す画像。ミヤビ屋ブログ管理人ミヤビ屋のアイコンと紹介を表示している。
ミヤビ屋 @miyabiya_gimlet

SWOT分析(スウォットブンセキ)とは

「SWOT分析」とは、内部要因である【Strength】【Weakness】外部要因である【Opportunity】【Threat】4つの項目から構成され、それぞれの頭文字を取り「SWOT分析」と呼ばれます。

現状を分析することに向いており、各項目を比較することで、チャンスは生かし、ピンチは乗り越えられるよう進められることが特徴です。

「スウォットブンセキ」「スオットブンセキ」と表現されます。

SWOT分析の目的

SWOT分析は、事業課題を明確にし、方向性や改善策を打ち出すことを目的として進めます。

企業目標組織目標個人目標階層を問わず利用することができ、多岐にわたる現状分析が可能です。

将来の問題経営戦略の立案などにも活用することができます。

SWOT分析の4つの項目

SWOT分析の4つの項目

【Strength】:強み

【Strength】:強み内部の要因であり、技術力の高さ知識量経験値など自社の強みとなる内容を挙げます。

他には、特徴顧客ニーズの高さ長所などが該当します。

顧客が最も認識しやすい内容であり、強みを元として購買や利用へつながることも多いです。

自社で認識していない強みが、顧客から知らされる場合もあります。

【Weakness】:弱み

【Weakness】:弱み内部の要因であり、不足苦手など、自社の弱みとなる内容を挙げます。

他には、顧客ニーズの低さ短所などが該当します。

会社や上司の悪口は出やすいように、自社の悪い点というものは、見つけやすいものです。

悪い点を見つめなおすことは辛いことですが、何が悪いのかは自分が一番わかるものでもあるでしょう。

重要なのは、目を背けず出し切ることです。

【Opportunity】:機会

【Opportunity】:機会外部の要因であり、環境の変化市場拡大などのビジネスチャンスとなる内容を挙げます。

競争優位となる、自社での対応が可能な取り組み機会として捉えます。

【Threat】:脅威

【Threat】:脅威外部の要因であり、市場縮小競争激化などの危険と予想される内容を挙げます。

自社のみで対処が不可能な、自社の強みを打ち消してしまうもの脅威として捉えます。

外部環境と内部環境

外部環境機会と脅威のことであり、「マクロ環境」と表現され、経済技術政治法律文化社会などが該当します。

内部環境強みと弱みのことであり、「ミクロ環境」と表現され、顧客競合流通供給などが該当します。

変化に対応し、備え取り組んでいくことが求められます。

マトリクスでは、縦軸「内部環境」・「外部環境」を示します。

一般的に、内部環境は自社のみでコントロールが可能外部環境は自社のみでのコントロールは不可能となります。

プラス要因とマイナス要因

プラス要因強みと機会のことであり、自社にとってチャンスにつながる要素が該当します。

マイナス要因弱みと脅威のことであり、自社にとってピンチにつながる要素が該当します。

自社にとってどちらに作用するのかを、しっかり認識しておく必要があります。

マトリクスでは、横軸「プラス(ポジティブ)要因」・「マイナス(ネガティブ)要因」を示します。

内容として挙げられた、内部環境外部環境をそれぞれプラス要因とマイナス要因へ分類していきます。

SWOT分析のやり方とポイント

目的を定義する

まず始めに、目的を定義します。

目的をどこに設定するのかで、分析内容大きく変わります

何のために分析を行うのかを事前に設定することで、ぶれることなく機会と脅威を明確にしていきます。

目的設定によっては、機会と脅威が入れ替わることもありえます。

外部環境の分析をする

続いて、外部環境の分析をします。

競合より優位に立つためには、機会と脅威が何であるかを考えていきます。

環境に変化はあるのか?それはどのようなものか?競合の動きは?

気が付いたこと列挙していきます。

内部環境の分析をする

前項で挙げられた外部環境を踏まえて、内部環境の分析を進めます。

自社の強みと弱みを、競合と相対評価しながら検討します。

あくまで客観的に、事実とデータに基づいた分析にしましょう。

社内へ向けた分析となるため、関係者は弱みの対象となりたくないものです。

グループワークとして分析を進める場合は、責めることが目的ではないと明確にし、ファシリテーター(中立的な司会者)がいるとよいでしょう。

戦略目標を立てる

これまでに集めた情報から、戦略目標を立てます

4つの項目から、重視すべき内容は何かを絞り込みましょう。

絞り込んだ内容が複数ある場合は、その中に順位をつけ優先するべき内容を明確にしておきます。

基本戦略に落とし込む

戦略目標を立てると環境分析は終了となります。

その後の基本戦略に策定に活かしていきましょう。

SWOT分析をより効果的に行う「コツ」

SWOT分析を、より効果の高い分析とするために「コツ」を押さえておきましょう。

「1つの事実」から「複数の仮説」を打ち出す

物事には、様々な側面があります。

1つの事実からでも、どの側面を切り口にするのかで、強みにも弱みにもなりえます

場合によっては、脅威は機会に変換することもでき、その反対の場合もあるでしょう。

様々な視点から仮説を出し、出した仮説の中から絞り込みましょう。

「プラス要因」と「マイナス要因」で捉える

これまでに説明した通り、強みと機会「プラス要因」弱みと脅威「マイナス要因」です。

店舗数が多いという事象を、プラス要因で考えると、広い地域への対応力があると捉えられます。

店舗数が多いという事象を、マイナス要因で考えると、固定費が高いと捉えられます。

捉え方によって、プラスにもマイナスにもなりえます

このような場合は、強みと弱みの両方の項目に記入します。

プラス要因とならないか?マイナス要因とならないか?という両面で考えるようにしましょう。

クロスSWOT分析へ移行する

クロスSWOT分析へ移行する

4つの項目個別に考えるのではなく、複数の項目で横断して分析することを、「クロスSWOT分析」と言います。

SWOT分析は、クロスSWOT分析までを含めたものです。

必ず、実施しましょう。

強み×機会

強みを活かし機会を獲得する

ポイント

デザイン性の高い眼鏡を売り出し視力に問題のない顧客も取り込む

強み×脅威

強みを活かし脅威を乗り越える

ポイント

富裕層向けの教育事業に特化し少子化による顧客数減少に伴う減収を回避する

弱み×機会

弱みを強化し機会を活かす

ポイント

認知度が低かったがネット広告を打ち購買層を拡大する

弱み×脅威

弱みを自覚し脅威を避ける

ポイント

ラインナップの少ない製品カテゴリへ新規の競合が増えたので撤退する

他のフレームワークも活用する

他のフレームワークも合わせて利用することで、より高い効果が得られます

環境分析では、他にPEST分析3C分析などがあります。

PEST分析では「マクロ環境」3C分析では「ミクロ環境」の分析が可能です。

それぞれを活用するのであれば、順序

  1. PEST分析
  2. 3C分析
  3. SWOT分析

の順で進めます。

まとめ

  • SWOT分析は、内部要因外部要因両面から現状分析を行えるフレームワーク。
  • SWOT分析は、【Strength】:強み【Weakness】:弱み【Opportunity】:機会【Threat】:脅威4つの項目で構成される。
  • SWOT分析は、事業課題を明確にし、方向性や改善策を打ち出すことが目的
  • 進める順序は、①目的の定義②外部環境分析③内部環境分析④戦略目標策定
  • 1つの事実から、複数の仮説を出し、様々な可能性を考慮する。
  • プラス要因マイナス要因のどちらにもなりえるため、両面から可能性を検討する。
  • クロスSWOT分析により、複数の項目を横断した分析をする

記事を読んで、SWOT分析のやり方とコツが理解できたと思います。

ミヤビ屋

内部と外部の両面から、置かれている状況がわかるのはいいですね♪

分析には様々な視点から考えることが大事です。

参考になる書籍も紹介しておきますね。

では、より良いモノを作っていきましょう!

ミヤビ屋

最後まで読んでくださって、ありがとうございます!よろしければ、ブログやSNSで、「ミヤビ屋ブログ」をご紹介ください!

ページ上部下部「シェアボタン」があります。よろしくお願いします♪

ミヤビ屋

スポンサーリンク

ランキング参加中!クリックで応援♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

-ビジネススキル
-, ,