スポンサーリンク

YouTube

YouTubeで収益化するには?広告の種類や広告単価を徹底解説!

「YouTubeで収益化するには?広告の種類や広告単価を徹底解説!」のイメージ画像。パソコンの上にインゴットとカチンコが置かれている画像を背景に記事タイトルが表示されている。

YouTubeの収益化はどうやってするのですか?

収益の単価はどうやって決まりますか?

YouTubeの主な収益は、広告収入から得られます。

「広告の仕組み」「広告の種類」「単価はどうやって決まるか?」説明します。

ミヤビ屋

記事の信頼性を表す画像。ミヤビ屋ブログ管理人ミヤビ屋のアイコンと紹介を表示している。
ミヤビ屋 @miyabiya_gimlet

YouTubeの広告の仕組みとは?

スマホに動画再生マークが表示されている

YouTubeの広告収入は、広告主が支払う広告掲載料から発生します。

お金の流れは以下のとおりです。

お金の流れ

  • 広告主
  • YouTube
  • 動画投稿者

広告収入を得るためには、一定の条件があります

  • チャンネル登録者数が1,000人以上。
  • 総再生時間が4000時間以上。

動画を投稿したばかりの人や、あまり力を入れてない人は、広告収入を得ることができないため注意が必要です。

YouTubeの広告には種類がある?

3枚のカードを持つ手

YouTubeの広告には、種類が複数あります

広告は5種類あり、種類によって特徴が異なります

広告の種類

  • インストリーム広告
  • バンパー広告
  • オーバーレイ広告
  • ディスカバリー広告
  • アウトストリーム広告

それぞれどのような広告かを紹介していきます。

<インストリーム広告>

インストリーム広告は動画形式の広告の1つで、比較的長めの動画です。

5秒再生されればユーザーによるスキップが可能になりますが、広告収益を発生させるためには30秒以上の再生が必要になります。

スキップ不可の動画もあり、広告が表示されるたびに収益が発生します。

<バンパー広告>

バンパー広告は、動画形式の広告の1つです。

インストリーム広告と違って、スキップが不可となっています。

バンパー広告は、6秒以下と短い動画です。

表示回数が多く、スキップされないため確実に収益を得ることができます

しかし、1再生当たりの単価は低い特徴があります。

また、1,000回以上再生されないと収益が発生しません

<オーバーレイ広告>

オーバーレイ広告は、動画の画面下部に表示されるバナー形式の広告です。

広告バナーをクリックすることで広告収益となります。

ユーザーが求めている広告を、 検索履歴などを参考にGoogleが自動的にプログラムしてくれています。

バナーが表示されているだけでは収益にはなりません。

<ディスカバリー広告>

ディスカバリー広告は、パソコンで視聴するときに表示される広告で、関連動画一覧の上に表示されます。

オーバーレイ広告と同様にクリックされないと収益になりませんが、単価は高めに設定されています。

<アウトストリーム広告>

アウトストリーム広告は、サイトやアプリなどYouTube外で表示される広告です。

画面に広告が表示され、音声がミュートの状態で自動的に再生が始まります

再生されれば収益になりますが、条件として「2秒以上再生されること」と「画面の半分を占めた状態で表示されること」が挙げられます

YouTubeの広告単価はどうやってきまる?

ブロックにwhy?と書かれている

広告単価は、一律で決まっているわけではありません。

広告の種類、需要、時期、ジャンル、地域によって変化します。

例えば、キャンプ用品の広告を入れるとします。

夏と冬、どちらの広告単価が高くなると思いますか?

答えは、夏です。

キャンプは夏の代表的なイベントですよね。

夏に需要があるものは、夏に広告の単価が高くなります。

YouTubeは日本だけでなく、世界中の人がアクセスすることができます。

海外ユーザーが観る場合は、当然現地の広告が挿入されます。

一般的に先進国では割増先進国以外は割安の金額になります。

YouTubeの広告単価は1再生=1円じゃない!?ジャンルによって異なる?

ハテナマークの横で人差し指を立てる手

YouTubeの再生単価は、チャンネルごとで変わります。

一概に1再生=1円とはなりません。

挿入される広告のジャンルによっても、再生単価は異なります。

YouTubeに表示される、Googleの広告はさまざまなジャンルがあります。

アパレルゲームエンターテイメント金融不動産旅行健康食品など広範囲です。

その中でも、高単価な広告は以下のジャンルです。

高単価なジャンル

  • 財務系(クレジットカードや株、FXなど)
  • 不動産(賃貸物件、土地、マンションなど)
  • 仕事(求人情報、転職など)
  • 健康(美容、ダイエット、サプリメント)
  • 旅行(宿泊施設、航空券)

1件の成約で大きな金額が動くジャンルは、広告単価が高くなります!

\未体験からプロになる!無料説明会へ参加♪/

最短で動画編集スキルが身に付く【studio US】

まとめ

  • 広告収入は、広告主が支払う広告掲載料から発生する。
  • 収益化するには条件を満たす必要がある。
  • YouTubeの広告は5種類ある。
  • 広告単価はジャンル、需要、時期、地域によって変動する。
  • 広告再生単価はチャンネルによって違う。
  • 大きな金額が動くジャンルは高単価になりやすい。

YouTubeの広告収入は、条件を満たさないと収益化できません。

カンタンではありませんが、賢く稼ぐために知っておきましょう!

ミヤビ屋

できるだけ広告単価を上げることが大切そうですね。

まずは、収益化の条件を満たせるように頑張ります♪

広告にはさまざまな種類があるため、どの広告タイプで稼ぐのがよいかを考える必要があります

試してみて、どれがよいかを検証するのがオススメです♪

ミヤビ屋

\今なら4,800円OFFで購入可能!/

YouTube攻略大全&サロンの申し込みはこちらから!

【パートナー限定】YouTube攻略大全&サロン(45,000円)

最後まで読んでくださって、ありがとうございます!よろしければ、ブログやSNSで、「ミヤビ屋ブログ」をご紹介ください!

ページ上部下部「シェアボタン」があります。よろしくお願いします♪

ミヤビ屋

スポンサーリンク

ランキング参加中!クリックで応援♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

-YouTube
-, ,