スポンサーリンク

ブログ

「http」と「https」両方の接続は損!リダイレクト設定方法!【mixhost】

「http」と「https」両方の接続は損!リダイレクト設定方法!【mixhost】のイメージ画像。積み木にhttpsと書かれている。

「http」「https」から始まる両方のアドレスで、サイトにつながるのは便利ですね!

実は、便利ではなくて、ある設定をしておかないと損をします。

ミヤビ屋

え?良いことだと思うのですが、損しちゃうのですか?

「http」「https」の二つに、評価が分散されることになります。

ですが、安心してください!

リダイレクト設定することで「http」に接続しようとしたものを、「https」に自動接続しなおすことができます。

この記事では、mixhostでの設定について説明します。

カンタンですので、損をしないよう設定していきましょう!

ミヤビ屋

記事の信頼性を表す画像。ミヤビ屋ブログ管理人ミヤビ屋のアイコンと紹介を表示している。
ミヤビ屋 @miyabiya_gimlet

リダイレクトとは

開設したばかりのサイトは、「http:// ~~~」から始まるURLでも、「https:// ~~~」から始まるURLでも、どちらからでも接続が出来てしまいます

リダイレクト設定をすることで、どちらのURLへ接続しても、「https:// ~~~」へ接続されるようにすることができます。

なぜ、両方で接続されることが損かというと、アクセスが2つに分散され、同じページが2つ存在することになります。

すると、検索エンジンから、重複コンテンツとみなされる場合があり、評価の分散や、最悪ペナルティになる可能性もあります。

SEO的に非常に不利になるので、リダイレクト設定をしておきましょう!

「http」と「https」の違い

「http」「https」の違いは、SSL化された接続かどうかの違いです。

「https:// ~~~」で始まるURLは、SSL化されたサイトになります。

SSL化されていると、通信内容の盗み見改ざんなりすましできないように暗号化された通信となっています。

つまり、「https」での接続の方が、セキュリティ能力が高いということです。

今や、SSL化は当たり前となり、SSL化されていないページやサイトが上手く表示されないことがあります。

Chrome(クローム)では、SSL化されていないと「保護されていません」というメッセージが表示され、サイトに訪問したユーザーは不安になります

訪問してくれたユーザーを大切にし、安心して楽しんでもらえるようにしましょう。

常時SSL化の方法

常時SSL化は、通常であれば、以下の手順で対策をしていきます。

常時SSL化の手順

レンタルサーバーでSSL化の有効設定

WordPressでSSL化の有効設定

「.htaccess」で常時SSL化の設定

複数の手順が必要なところ、「mixhosクイックスタート」でサイト開設をしていれば、①と②の手順を自動で行ってSSL化をしてくれます

そのため、3つ目の「.htaccess」で常時SSL化の設定だけで済みます

他社のレンタルサーバーの、設定についてのリンクも貼っておきます。

XSERVER(エックスサーバー)

ConoHa WING(コノハウィング)

次の項目からmixhostの実際の画面から、どのように設定していくのかを説明していきます。

レンタルサーバーのコントロール画面にアクセスする。

mixhostの実際の画面から、リダイレクト設定をしていきます

mixhostコントロールパネルのログイン画面。

コントロールパネルのログイン画面へ、「ユーザー名」「パスワード」を入力しログインをクリックする。

ファイルマネージャーの操作  

mixhostのマイページ画面。

ファイルの項目にある、「ファイルマネージャー」をクリックする。

ファイルマネージャーの設定変更

mixhostのファイルマネージャーのTOP画面。

ファイルマネージャーの画面右上にある「設定」をクリックする。

mixhostのファイルマネージャーの設定画面。

基本設定の画面が開かれる。

以下の2項目にチェックマークをつける

  1. 「非表示のファイルの表示(dotfiles)」
  2. 「文字エンコードの検証ダイアログを無効にする」

「Save」をクリックする。

「Public_html」フォルダの操作

mixhostのファイルマネージャーのTOP画面。「public_html」のフォルダを選択するよう、赤枠で囲われている。

ファイルマネージャーの画面左にある、「Public_html」をクリックする。

「htaccess」ファイル操作

「.htaccess」ファイルのダウンロード

mixhostのファイルマネージャーのTOP画面。「public_html」のフォルダの内容が表示され、「htaccess」のファイルを選択するよう、赤枠で囲われている。

Public_htmlフォルダの中身が表示され、「.htaccess」が表示される。

mixhostのファイルマネージャーのTOP画面。「htaccess」を右クリックし、「Download」を選択するよう、赤枠で囲われている。

「.htaccess」を右クリックし、「Download」をクリックダウンロードする。

※「.htaccess」をダブルクリックでも、ダウンロード可能

ダウンロードしたファイルは、この後行うファイル編集で、万が一失敗してしまった際の復元に使用します。

「.htaccess」ファイルの編集

mixhostのファイルマネージャーのTOP画面。「htaccess」を右クリックし、「Edit」を選択するよう、赤枠で囲われている。

「.htaccess」を右クリック「Edit」をクリックする。

mixhostの「htaccess」ファイルの編集画面。ファイルを開いた直後の画面。

編集画面の一番上(「# BEGIN WordPress」の上)に、テキストを挿入できるようクリックしカーソルを合わせる

mixhostの「htaccess」ファイルの編集画面。リダイレクトするためのコードが追記された画面。

以下のテキストを、コピーして貼り付ける。

↓↓以下をクリックしたあと、コピー↓↓

コピペするコードの意味を参考で、記載しておきます。

コードの意味

•「< IfModule mod_rewrite.c > *** 」  ⇒⇒⇒  「***を処理する定義」

•「mod_rewrite」  ⇒⇒⇒  「条件を満たした場合、記載したURLに転送」

•「RewriteCond」  ⇒⇒⇒  「条件を設定」

•「 %{HTTPS} off 」  ⇒⇒⇒  「https でない場合(SSLではない場合)」

•「RewriteRule 」  ⇒⇒⇒  「ルールを設定」

•「 R = 301 , L 」  ⇒⇒⇒  「R = 301」は「永続的に転送」、「L」は「ルールを終了」

コード全体の意味は、

「htppsではないURLで接続された場合、httpsで始まるURLに転送をし続ける。」

ということになります。

コードの意味がわからなくても、サーバーが自動でやってくれるので、コピペして任せてしまいましょう!

mixhostの「htaccess」ファイルの編集画面右上にある「変更の保存」ボタン。ファイルを編集後選択するよう、赤枠で囲われている。

テキストを貼り付けたら、「変更の保存」をクリックする

リダイレクトの動作確認

Google検索のウインドウに、「http~」で始まるURLが入力されている。

リダイレクトが正しく行われるのか確認します。

「http://(あなたのドメイン)」でアクセスすると、「https://(あなたのドメイン)」に切り替わってアクセスされるかを確認します。

画像では、例として当サイトへ接続しようとしています。

Google検索の結果、表示されたサイトURLが、「https~」であることが確認できる画面。リダイレクトが実施され、URLの左側には鍵マークが表示されている。

接続された結果「https://(あなたのドメイン)」接続されていることが確認できます。

ドメインの左側に、鍵マークが表示されSSL化されたページに接続されていることもわかります。

これで、リダイレクトの設定は完了です。

お疲れ様でした♪

まとめ

  • 開設したばかりのサイトは、「http」と「https」の両方で接続されてしまう
  • 「http」と「https」の両方で接続されるのは、評価の分散ペナルティにつながる可能性があり、SEO的にも不利
  • リダイレクト設定をすることで、自動的に「https」から始まるURLに接続されるようにできる
  • mixhostのクイックスタートで開設していれば、「.htaccess」ファイルの設定のみでOK
  • 「.htaccess」ファイルの編集は、テキストをコピペするだけとカンタン!

記事を読んで、リダイレクト設定をしておいた方がいいことが、わかったと思います。

ミヤビ屋

評価の分散や、ペナルティを受けてしまうところでした!

損をしないで済みそうです♪

リダイレクトを設定しておくことで、SEO的にも有利になります。

mixhost以外のレンタルサーバーでも、設定方法に大きな差はありません

ぜひ、カンタンなので設定しておきましょう!

ミヤビ屋

パワフルで高速なピュアSSDクラウドレンタルサーバー

mixhost

最後まで読んでくださって、ありがとうございます!よろしければ、ブログやSNSで、「ミヤビ屋ブログ」をご紹介ください!

ページ上部下部「シェアボタン」があります。よろしくお願いします♪

ミヤビ屋

スポンサーリンク

ランキング参加中!クリックで応援♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

-ブログ
-, , , , ,

© 2021 ミヤビ屋ブログ